EinScan-Pro+

EinScan-Pro+
EinScan-Pro+

SHINING 3D社の「EinScan-Pro+」は、多機能なハンドヘルド型3Dスキャナーです。手で持って使用することはもちろん、三脚・ターンテーブルを使用したオートマティックスキャンも可能。
大小様々なサイズに対応し、対象物によってスキャンモードが選択できる、汎用性に優れ幅広い用途に使用できるスキャナーです。
また、別売りのモジュールを使用することにことでフルカラースキャニングに対応しており、obj形式でファイル出力が可能です。

大小様々なサイズの対象物をスキャン

EinScan-Pro+
EinScanシリーズは、3Dスキャナーをより簡単に使用できるように開発された製品です。コストバリューが高く、安価ながら精度よく対象物の形状を取得し、3Dデータ化します。
「EinScan-Pro+」は、ポータブルスキャンと高精度スキャンのニーズを満足させる多機能3Dスキャナーです。用途に合わせ、三脚に固定してスキャンするモードとスキャナー本体を持って使用するハンドヘルドスキャンの2通りのスキャンモードを切り替えられます。

スキャデータは様々な用途に

適切な3Dソフトウェアを使用することで、用途に合わせたデータへ編集・変換が可能です。対象物の形状の取得はもちろん、スキャンデータを元にした製品デザインや簡易設計、3DCGデータへの活用など、様々な用途に使用できます。


ハンドヘルド:HDスキャンモード

ハンドヘルド:HDスキャンモードスキャン対象物にマーカーを貼り、マーカーで位置合わせを行うスキャン方法です。
大きなものを高精度にスキャンする場合に最適なモードです。カラーデータの取得はできません。

  • 最小で3cmから最大で4mまでスキャンが可能
  • 木型や自動車のバンパーなどの比較的大きなもののスキャンに向いている
  • カラースキャンは不可能
スキャデータ用途は・・・
Autodesk Maya<AUTODESK社>
URL:http://www.autodesk.co.jp/products/maya/overview
映像現場で使用されているプロ使用のコンピューターグラフィックスソフトです。VFX用途、ゲーム開発、キャラクターアニメーションなど、3DCG作成ソフトとしてはもちろん、いくつかの機械系CADのデータ形式にも対応しています。
ex:3DCG用途 リトポロジー/3DCG/VFX用途

ハンドヘルド:高速スキャンモード

ハンドヘルド:高速スキャンモードスキャン対象物の形状で位置合わせを行うスキャン方法です。
HDスキャンよりも精度は落ちますが、スキャン時間が短く、カラー取得モジュールを使用することで色の取得が可能です。

  • 最小で15cmから最大で4mまでスキャンが可能
  • 円柱や球体など、形状に特徴のないもののスキャンはできません
  • カラースキャンが可能(カラー取得モジュールはオプション)
スキャデータ用途は・・・
Geomagic Freeform<3D Systems社>
URL:http://www.geomagic.com/ja/products/freeform/overview
ペン型触感デバイスとボクセルモデリングを組み合わせた先進的なモデリングシステムです。ボクセル(粒子)の集まりで3次元モデルを表現することで、有機的な形状や微細な表面の凹凸など、どんな複雑な形状でも表現可能です。
ex:玩具業界 原型モデリング/面張り・データ修正

固定:オートスキャンモード

固定:オートスキャンモード三脚とターンテーブルを使用する自動スキャンモードです。
ターンテーブルマーカーを基準に位置合わせを行います。対象物の向きを変えて追加スキャン後に自動でデータ位置を合わせるため、精細なスキャンが可能です。

  • 最小で3cmから最大で15mまでスキャンが可能
  • 三脚とターンテーブルのセットでオプション設定
  • カラースキャンが可能(カラー取得モジュールはオプション)
スキャデータ用途は・・・
Rhinoceros<Robert McNeel & Associates社>
URL:http://www.rhino3d.co.jp/product/Rhino50/
NURBSモデリングに特化した商用の製造業向けCADソフトです。工業デザイン、建築、ジュエリー、カーデザイン、CAD/CAMなど、様々な分野で使用されている汎用性の高いソフトウェアです。ハードウェア要件が許す限り、サイズに制限はありません。
ex:工業デザイン 3Dデータ編集/製品デザイン

固定:フリースキャンモード

固定:フリースキャンモード三脚を使用するモードです。
マーカーまたは形状の特徴点による位置合わせを行います。シングルスキャンを繰り返すことで大きいサイズのスキャンが可能。ターンテーブルに乗らないサイズのもののスキャンに向いています。

  • 最小で3cmから最大で3mまでスキャンが可能
  • ターンテーブルに乗らない大きなものをスキャン可能
  • カラースキャンが可能(カラー取得モジュールはオプション)
スキャデータ用途は・・・
Geomagic Design X<3D Systems社>
URL:http://www.geomagic.com/ja/products/design_x/overview
3Dスキャニングデータから生成されるメッシュデータなどを編集し、フィーチャーベースのCADモデルを作成できるソフトです。有機的な形状にもフィットする面を作成できるため、より目的に近い形状を効率良く3Dデータ化することが可能です。
ex:製品設計 メッシュデータ編集/リバースモデリング

EinScan-Pro+ デスクトップ 3Dスキャナー 製品仕様

型 番 EinScan-Pro+
スキャンモード ハンドヘルド 固定
HDスキャン 高速スキャン オートマティック フリー
スキャン精度 0.1mm 0.3mm 0.05mm 0.05mm
スキャン速度 550,000ポイント / 秒 450,000ポイント / 秒 シングルスキャン 2秒以下
ポイント間隔 0.2~3mm 0.7~3mm 0.24mm 0.16mm
シングルスキャン範囲 300mm×170mm
光源 白色光LED
スキャン範囲 30m〜4000mm 150m〜4000mm 30m〜150mm 30m〜4000mm
位置合わせ方法 マーカーポイント マーカーポイント
特徴位置合わせ
ターンテーブルマーカーポイント
特徴位置合わせ
マーカーポイント
マーカーポイント
特徴位置合わせ
テクスチャスキャン 不可 可能(オプション:カラー取得モジュールが必要)
屋外での使用 不可(明るすぎるため)
特殊なスキャン対象 透明・反射するマテリアル、黒い被写体の場合は、スキャン前に粉末スプレーを行ってください
3Dプリンタ用データ 出力可能
出力フォーマット OBJ(テクスチャ付データ出力)/STL(形状のみ出力)/ASC(ASCII点郡データ)/PLY /3MF
スキャンユニット重量 0.8kg
ターンテーブル耐荷重 5kg

動作環境

対応OS(推奨) Windows7 64Bit / Windows8 64Bit / Windows10 64Bit
Windows 32Bit および MacOSには対応しておりません
インターフェイス USBx2ポート
スキャナーx1ポート / ターンテーブルx1ポート
グラフィックカード 外部グラフィックカード・グラフィックメモリー2GB以上
Nvidia Ge Force GTx660M 以上
CPU Core I7 以上のプロセッサー
メモリ 8GB 以上

EinScan-Pro デスクトップ 3Dスキャナー イメージ動画

※英語表記・英語ガイダンス / 動画提供:Shining 3D